あなたから搾取し続けるテイカーの見破り方と解決法


ギブアンドテイク-テイカー


結論から言うと、


  • 私の上司はテイカーだ

  • 家族がテイカーだ

  • 恋人がテイカーだ

  • 取引相手がテイカーだ

  • 客層がテイカーばかりだ



その場合、自分自身が、テイカーか、下位ギバーになっています。



相手にとって価値がなかったり、価値が伝わっていなければ、評価も下がります。



その結果、あなたは、相手こそテイカーのように見えて当然なのです。



それは自分自身がテイカーである可能性が高いのです。



その理由と解決策について解説していきます。



 

幼少期にもらい尽していることが重要



幼いころ、「もらうことが当たり前」という価値観がしっかり根付かないまま大人になった人は、自分を犠牲者役に「人生のシナリオ」を描いていきやすいのです。



かくいう私もそうでした。



快適な住空間も、食べるものも、勉強する環境も、お小遣いも、稼ぐ力のない子供は、もらいっぱなしで当たり前なのです。



「溺愛」は、子供の主体性を大人が奪った結果なので、ここでは割愛します。



幼少期に「もらい尽くす」ことを体験できなかった人は、搾取される側になりやすいのです。



 

被害者意識のある人には効果がないギブアンドテイク論



社会に出ると、何もしなくても周囲が何でもやってくれるということはなく、お互いに「持ちつ持たれつ」という人に親切にする(ギブ)ことで自分が親切にされる(テイク)とか、自分が何かをしなければ、人は何もしてくれないことを学びます。



こうして社会は、ギブアンドテイクが基本になります。




以前、富裕層に対して「私たち貧しい人間からお金を奪っている金持ちの税金をもらって何が悪いのか?」と言った生活保護の人がいました。



つまり、この人は、たとえば家賃など、払っているのでいるのではなく、家主に奪われていると思っているわけです。



反対に、払った家賃分は、また来月ももらえると思っている人もいます。



こうして、自分がもらったものを使うとき、奪われているとしか考えていない場合は論外として話を続けます。




じゃ、どうして貧富や幸福度の差が生まれるのか?



なぜ頑張っている人の全てが報われないのか?ということになります。



  • 十分な商品サービスを提供しているのに適正価格で売れない

  • たくさん労働をしているのに十分な報酬がもらえない

  • メリットを提示しても買ってもらえない



とか、頑張って働いても、それに見合った利益や収入を得ることはイコールではないので、ギブアンドテイクでは成り立たないことを自覚(絶望)できるんですね。



「得たものは消え、与えたものは増える」ことを信じ、見返りを求めずに与えても、自分に奪われている被害者意識があれば、ギブアンドテイクは効果がないのです。


得たものは本来、使いこなせているはずですので、消えるのが普通です。


与えたものは、増えて戻ってくるのが本来の姿です。



 

ギブアンドテイクの定義を明確にする



あなたは、ギブアンドテイクについてどんな考えをもっていますか?


その考えをまず明確にすることが重要なんです。




3種類のギブアンドテイク

ペンシルベニア大学ウォートン校教授、組織心理学者のアダム・グラント氏によると、仕事における人間の行動は3タイプあると言っています。




(1)ギバー
  • 考え方:ギブが多くあるべき

  • 先攻後攻:ギブが先であるべき

  • 関係性:ギブ&テイク/ギブ&ギブ



(2)マッチャー
  • 考え方:ギブとテイクは同程度であるべき

  • 先攻後攻:ケースによって変える

  • 関係性:テイク&ギブ/ギブ&テイク



(3)テイカー
  • 考え方:テイクが多くあるべき

  • 先攻後攻:テイクが先に保障されているべき

  • 関係性:テイク&テイク/テイク&ギブ




3種類を見分けるひとつに収入があります。



マッチャーは組織の中では平均的なポジションで給与も平均的。


テイカーは平均より少し上。


ギバーは組織でのポジションが低く、給与も低い。




このように、アダム・グラント氏は調査結果を公表しています。




しかし、もう一方でこの調査で最も給与が高かったのもギバーでした。



平均ではギバーの給与は低かったのに、突き抜けて結果を出している人も、またギバーだったのです。




つまり、「搾取されるのも成功するのもギバー」だということです。



成功する上位ギバーと、搾取される下位ギバーは、相手のスタンスによって決まります。



要するに、付き合う人によって、あなたのギバーは、上位か下位にわかれてしまうということです。




逆に言えば、


与える相手を間違うから、自分が犠牲になってしまう。



ということですね。



搾取される下位ギバーは「ギブが多くあるべき」「ギブが先であるべき」と考えながら、「ギブ&ギブ」の関係性になっています。



自分が犠牲者役を演じている限り、誰と出会ってもギブアンドギブの関係性しか築けないのです。