現実が自分の中を見せているなら、否定から逃げて損をするのは自分だよ


チャップリン-人生-喜劇


鈴木君(仮名)とお茶を飲んだ。


鈴木君は山田さん(仮名)のことを、自分勝手でケチだと言った。



それを聞いている私は、前から鈴木君のことを自分勝手でケチだと思っていた。



そして鈴木君は私を頭が悪いと言った。


その鈴木君は周りから頭が悪いと噂されていた。


だからプロジェクトメンバーから外されていた。




私は、話が面白くなってきたと思った。


そしてアメリカンをおかわりした。



鈴木君は、岡本さん(仮名)のことを「あれだから彼氏ができないんだ」と言った。



それを聞いている私は、以前から鈴木君のことを「それだからモテないんだ」と、ひそかに思っていた。




結局、私が鈴木君に言えない事を、全部、鈴木君が言ってくれていたのだ。




人の口を借りて言えないことを言う。



人生はまるで喜劇だ、チャップリン。



 


今目の前にある現実が、どれだけ自分の心とリンクしているのか?


それがわかると自分自身の本質を肌で感じることができる。



自分の意識、感情、という心の部分が現実を作っているのなら、他人に厳しくしたり責めたりすることは、意味がないということがわかる。



鈴木君を責めているのは、他人を責める鈴木君自身なのだ。



そういう人は必ずといっていいほど厳しい現実を味わうし、現に鈴木君は厳しい局面にある。



内側の自分が現実をつくっているのだから、自分を愛しく感じることが第一であり、その愛しく感じる自分は誰に何と言われたいか?



その人にまず、ありがとうを伝えることが、否定想念から脱却できる第一歩である。



口だけの感謝は何の見返りもないが、理由のある感謝は恩恵になって戻ってくる。


 


人生は確かに喜劇だったよ、チャップリン。



山本真弓