自分が倒れたら最終回のビジネスから卒業する「LTVブランディング」


LTV-ブランディング

【対象】

  • 問題を解決した経験を収益化させたい全ての人



【向かない人】

  1. 知識豊富で勉強熱心のため新しい知識を求める人

  2. 最初から好きな時間だけ働いて収入がほしい人

  3. 楽して儲けたい人(スマホでやりたい人)

  4. 承認欲求を満たしたい人

  5. できない理由で逃げながら幸せを求める人



【理由】

  1. どこでもある情報を使いこなせず困っている人にここを作ったため

  2. 知識豊富で勉強熱心な人にとってここは似た知識しかなく役に立たないため

  3. 楽ではないけど楽しいことならここにもゴマンとあるため

  4. 幸せは「いいとこ取り」できないため




【向く人】

  1. 問題を解決した経験を収益化させたい人

  2. 自分を(SNS等で)表現することが苦手な人

  3. 結果まで見届けられる「実行」ができる人

  4. やりたいことがない人(やりたいことがある人は、それをお客様の求めるものに変えるために一部か全部を組み立て直すことが必須)



【理由】

  1. ライバルがやっていないこと(やりたくないこと)をやるため

  2. 自分を出す演習は、マインドセットで実現できるため

  3. 行動できるだけではやるだけで終わりやすく、実行までできる人は改善も目標も達成が早くなるため

  4. ビジネスは自分の売りたいものを売るんじゃなくて、お客様が求めるものを、自分ができることで、買っていただくためにあるから


 

【期待できる効果】愛される充実感



LTV(顧客生涯価値)の向上 >


※スモールビジネスの場合


自己都合な自己解釈をせず原理原則にしたがって課題を解決すると、1年で年商1,000万が見え始め、3年までに年商1億を牽引する優良顧客が定着するブランディングができるようになってしまう。



 

【副次効果】自分らしさとの出会い


  1. 自分が何者かわかる

  2. 自分の方向性が明確になる

  3. 人間関係やお金に悩まなくなる

  4. ビジョン、ミッション、バリューが明確になる

  5. キャリアチェンジ、キャリアアップが実現する

  6. 努力している意識がなくなる(没頭)

  7. 気になっていたことがどうでもよくなる


 

【最大効果】エンジョイライフ


自分の価値や目標が見えるのでとにかく毎日楽しい



 

【好転反応】ブレイクスルー


現実を直視するので、醜い自分に打ちひしがれ、プライドが崩壊し、自分に絶望する







ブランドコンサルタント 山本真弓