1.思考が現実化した5人の特徴/思考は現実化する5人、そこそこする30人、しない65人は何が違うのか?


思考が現実化した5人の特徴

目次

  1. 思考が現実化した5人の特徴

  2. 成果がでないセミナーの特徴

  3. 思考が現実化する人の特徴

  4. 思考が現実化しない人の特徴/まとめ

 

1.思考が現実化した5人の特徴




仮に、思考は現実化することを信じている人が100人いたとします。



その100人のうち、実際、本当に現実化するのは5人くらいです。



たとえば、一戸建てを持ちたいとか、すごいイケメンとか美人とか、お金持ちと結婚したいとか、100人がまとめて努力したら、だいたい5人くらいがそうなると統計学的に言われます。



また、100人のうちの30人くらいが、そこそこ現実化します。



そして、残りの65人は、現実化しないのです。



思考は現実化すると信じて、現実化する5人、そこそこ現実化する30人、まったく現実化しない65人。




この割合を


「冷たい統計値」


と言います。




不思議なことにこの割合は、昔から変わっていません。




たとえ優秀な人ばかり100人が集まっても、この「5:30:65」はそんなに変化しないのです。


なぜなら、優秀な人たちは凡人に比べ、過剰な目的を持ちがちなので、達成率もそんなに上がらないからです。



結局、思考が現実化することに頭の良さも関係しないのです。



そのため、この5人が一斉に、セミナーとかをやるようになるんですね。



そして、30人が「そうだ、そうだ」と言います。



そして、65人が「・・・?自分が聞いた方法ではダメだったけど、この人のやり方だったらうまくいくかもしれない」と思って参加します。




それが個人レベルでセミナーを開いている人と、その人に集まる人の特徴ですね。



たとえばこれが、大学とか企業に呼ばれてやるなら、集まってくれる人たちは、大学とか企業の文化とか体質によって変わるので、価値観の違いから洗脳される要素はまだ低いと言えます。



当然、疑問を持ちながら聞く人のほうが、その疑問が解消されて価値観が変化すれば実践レベルで理解できたことになるので、行動するだけで思考は現実化します。




ただ鵜呑みにして聞いているうちは、「どうやれば間違ったことをせずに、最短距離で成功に行きつけるか?」といった成功の方法に洗脳されている状態なので、頭で理解しているだけになります。



成功に洗脳されているうちは、「聞くのが楽しい」状態ですので、聞くのが好きな人は、好きな人の話しが聞けて楽しいことが成果です。



かたや、大学とか企業が誰かを招いて行うセミナーとか講演というのは、受ける側の求めるものが、話を聞くことではなく、自分の目標を実現するために、参加をエントリーするわけです。



セミナーで得たいものが、参加者にわかっているから行くんですね。



有名な方は、個人でも大学でも企業でも講師をされていますしね。




つまり、



受け手の前提が「聞くため」か、「聞いたことをやるため」かで行動レベルに差が生じます。



聞いたことをやるために参加しても、やらない人のほうが圧倒的に多いですけどね。



それは、いくら目標が明確であっても、行動する段階で自習レベルは強制力がないからです。



だから期日や課題を与えてくれるメンターのいる人のほうが、成長が早いと言われるわけです。



で、ここまでが、思考が現実化する統計学的な話です。




思考が現実化した5人がセミナーをやりだす。


30人が5人を応援する。


65人が30人に影響される。



というのが、統計学から見た特徴です。



山本真弓


アーカイブ【現在地:1】

 
  1. 思考が現実化した5人の特徴

  2. 成果がでないセミナーの特徴

  3. 思考が現実化する人の特徴

  4. 思考が現実化しない人の特徴/まとめ