9-2【方向性がわからない】とき、方向性を決める「7つの視点」


理想のない人に問題は発生しない


目次


  1. 自己理解とスキルの棚卸/生きがいが見つかるセカンドキャリア

  2. 理想のない人に問題は発生しない

  3. 本当に好きなことの見つけ方

  4. ゴールを描くときに見る「4つの現実」

  5. 「今をどうしたいか?」を明確にする

  6. 年収600万以上が300万より貧乏な理由こそ「明日は我が身」

  7. セカンドキャリアブランディングの3ステップ


 

9-2)理想のない人に問題は発生しない




前項で「やりたいことを見失っている状態」と言いましたが、そもそも、やりたいことがわからない人の中には、



やりたいことがなければならない

という理想があるのです。



こういうときは、「何がやりたいかはわかっていないけど、わかっていないことで困ってはいない」が本音だと思うのです。




言い換えると、やりたいことがないことで困っているんじゃなくて、



やりたいことがないから、やる気が起きなくて困っている


ということです。




つまり、理想のない人は、「やる気が起きないことに困っているだけじゃないか?」と、自分を疑ってみることも必要です。




もしそうだったら、やりたいことより「好きなこと」をやればいいのですが。



が、好きなこともわからない、と?



9-3)本当に好きなことの見つけ方 >





山本真弓





アーカイブ【現在地:2】

 
  1. 自己理解とスキルの棚卸/生きがいが見つかるセカンドキャリア

  2. 理想のない人に問題は発生しない

  3. 本当に好きなことの見つけ方

  4. ゴールを描くときに見る「4つの現実」

  5. 「今をどうしたいか?」を明確にする

  6. 年収600万以上が300万より貧乏な理由こそ「明日は我が身」

  7. セカンドキャリアブランディングの3ステップ