自分らしさは、理想や憧れのなかにはない。


山本真弓-らしさ


人は、こうなると決めたものになる。


それは、間違いありません。


だから、ああしたい、こうしたい、こうなりたい、といった夢(Wish)は、自分らしさではありません。



「したい」とか、「なりたい」という理想は、誰か(何か)の影響を受けたからそう思うので、初めから自分の中にあったものじゃありません。



歌手だったり、俳優だったり、映画だったり、本だったり、恩師だったり、身近にいる人だったり、外側に影響されているんですね。



だから、


理想と自分らしさとは別物です。



じゃ、「自分らしさ」は、どこでわかるか?


「自分らしさ」がわかる瞬間は、「違和感」です。



つい相手に合わせてしまって、そう思ってないのに「そうよね~」と言ってしまったことはないですか?


もしそうなら、「そう思ってない自分」が、自分らしさですよ。



たとえば、「海って最高よね~」と言われたあなたは、海より川が好きだとします。



その時、


「そうよね~」と言ってしまったあなたの自分らしさは、「川で○○している私」です。



この、「~している私」が、自分らしい状態なんです。



それは、24時間でも平気で、寝ることや食べることも忘れて夢中になっている状態なら、自分らしさが最高に発揮されています。



それとか、「そんなこともできないの?」と言われた時、嫌な気持ちを隠して「すみません」って言ったこと、ないですか?



もしあるなら、


相手にできないことや、相手がしたくないことが、あなたにできることや、したいことだということです。


そして、それをしている時の自分が「自分らしさ」です。


私は歌を歌うのは苦手だから、「音痴」と言われても傷つかないんです。


英語が話せないから、「英語も話せないの?」と言われても傷つかないんです。


「そんなこともできないの?」と言われて違和感が生まれるのであれば、それは、自分にもできることを相手が先にやっているから違和感を持つんですよね。


自分がほしいと思ってる車に乗ってる人から、「車買い替えないの?」とか、「その車、年季入ってるね」とかね。


相手は何気なく言ってるだけかもしれないけど、自分には皮肉とか嫌味に聞こえてしまう、それが違和感です。


しかし、その違和感は、自分で解決しない限り、ずっと在り続けます。


 


これは私が実際経験したことだけど、昔の私が居た環境は、よくマウントを取ってくる人に囲まれていました。



そんなもんのどこがいいの?


それしかできないの?


そんなダサい歌聞いてんの?


そんな服しかもってないの?


今の時代、そんな昭和の化粧してんのお前くらいちゃう?


・・・。



究極のマウントは、「儲かりもしないことやって、アホちゃう?」



でも、この一言のおかげでわかったことがあるんです。


私が好きでも、誰かにとっての「そんなもん」は、儲けるために好きになったんじゃないということでした。


儲けるためなら、自分にできることで、相手が喜ぶものでなければならないからです。



だからその時、相手にやっと言えたことがありました。



あなたにとっての「こんなもん」を私が好きなことで、あなたにどんな不都合があるの?


そしたら、ダサい人がいるだけで日本の恥だって言われた。



そして、その言葉を聞いた時、自分の本音に気付いたんです。


目の前がクラクラしたけど、本当の自分を受け入れました。



「こんなもん」って言われた私こそ、相手の好きなものを「こんなもんのどこがいいの?」って思ってたんですよ。



相手から吐かれる言葉は、自分が相手に言わずに溜め込んできた言葉だった、というオチ。


さっきの話につなげると、「車、買い替えないの?」って言われて違和感があるなら、自分が自分にそう思ってるんですね。


私が言われた「ダサい」もそう。


ダサいって見られるかも?っていう恐さを隠していたということです。


ニキビを気にしてる人が、「ニキビ?」って言われて傷つく人もそう。


自分が気にしてることで隠してることを、自分以外に言われて傷ついてるだけなんですね。


でも、自分で自分を傷つけてることを知るために、自分以外に言われるんですよ。


他人はあなたの心を傷つけることはできない。


だって見えないから。


自分が自分に傷ついてるだけなんですね。


だから、違和感を持ってしまう人に出会うんです。



その人たちは、自分の嫌いなものを、あなたにも嫌わせ、自分のやらないことを、あなたにもやらせない。


ドリームキラーがまさにそうですよね。



それで何が実現するかというと「ほら、私の言った通りでしょ?私のほうが正しいでしょ?私のほうがいいでしょ?」です。



つまり、自分に人と比べるマインドセットがあるから、自分と比べる人に出会うんですね。(マインドセットが同じだから出会うだけだけど)



私が当時からやってきた「昭和」をテーマにしたあれやこれやは、今、レトロという言葉でブームになっています。


この現実を見て「自分の好きなものを続けてよかった」と思います。


流行しようがしなかろうが、私は昭和が好きなので。



つまり、


自分らしさがわかるもう一つは、自分の好きなものを、誰かに嫌いと言われても好きなら、それをしている時の自分こそが「自分らしい自分」なんですね。


誰かに「こんなもん」と言われてやめるなら、それをしていた時の自分は、自分らし維持分ではなかったということです。


誰かの好きなものを自分の好きなものだと思いこんでいるだけです。


ほしいものと似合うものは、一致しない場合があるんです。



だから、


「自分らしさ」は、理想や憧れの中にはありません。



ちまたで言われる「好きな人に愛されている私」も、「仕事で成功している私」も、「好きなことだけして生きてる私」も、それは誰かに影響されてるもう一人の理想の自分であって、「自分らしさ」とは違うんですよ。



なりたいという理想を求めたら、当然、なっていそうな人に出会う、そしてそれが自分の理想になる。


それが必然というものです。


幸せな人がいるんじゃなくて、幸せそうに見える人がいるだけなんで。



世界って、隣の芝生は青く見えるので。



憧れる対象が変わっても、自分らしさは変わることはありません。


理想が変わっても、自分らしさは変りません。


夢や目標が変わっても、自分らしさは変りません。


価値観が変わっても、好みが変わっても、マイブームが変わっても、自分らしさが変わることはありません。


自分らしさは、誰にも、何にも影響を受けない、普遍のものです。


 


その「自分らしさ」は、違和感でわかります。


だけど、わかっただけじゃ変化しないんです。


違和感に気づいたら、解決するまで、違和感は積み重なっていきます。


違和感が積まれた状態を、「息苦しい」といいます。


結局、自分はどう思っているのか?


自分はどうなのか?を出さない限り、解決しないんですね。


自分との葛藤を越えた先で「これが私らしさだ」というのがわかります。



よく、「幸せになるのが恐い」って言われるのは、葛藤を越えるのが恐いと言ったほうがわかりやすいと思います。



恐いから苦しい方を選んでしまってる、ということ。



だから、40代で落ちた力を55歳までにV字回復させられる人は限られると言われます。


サラリーマンであれば、葛藤を越えたら仕事を失うかもしれないでしょ?


だから、我慢する人が多いから、そう言われます。


この世の中は、実に多くのパラドックス(矛盾)で出来ています。



誰でも通る登竜門が、「40代で落ちる」ことだから、自分が20代、30代の時と同じやり方では通用しません。



それでも、納得できない人と、おもしろくない仕事をしながらでも給料はもらえるから、やめるのが恐いなら、自分の居場所をたくさんもてばいいんです。


自分らしさがわからないと、必要だからという理由でスキルを上げても続かないからです。


趣味でもいいし、コミュニティでもいいし、自分が成長できる居場所を別にもてばいいんですね。


夢中になれるものがあると、納得できない人と、おもしろくない仕事が気にならなくなってきます。


なぜなら、人間は2つ同時に考えられない「焦点化の原則」が脳の仕組みにあるからです。


そのうち、成長欲求が、自分の古いマインドセットを壊してくれます。


ここを出よう、卒業しよう、やめよう、離れよう、ってね。


気づいたら動け

公共広告機構のキャッチコピーは、芯をついている。



山本真弓