「いいですね」としか言わない人は買わないと思え。


山本真弓
自分を守ってるうちは成功しないよ


価格と競合を学んで一番最初に見る現実は、その自分が全身全霊120%をかけて「いい!」と思って作ったものが、お客さんに否定されること。



自分が全身全霊で作ったものに対して、シビアな反応をもらうこと。



値段をつけて売りに行くこと。



無料サービスであれば、サービスを紹介したあと、実際に使ってもらえるか(=時間コストを割いてくれるか)を観察すること。




そうすると、



こんなのいらない。


使えない。


優先度が低い。



口ではいいねと言ったけど、その後一回も触ってくれない、再生してくれない、etc…。



という屈辱的なことが起こる。




この経験が始まりとなって、



どうすれば使ってもらえる?


どうすればもっと便利になる?


どうすればもっと効果が出せる?


どうやればもっと伝わる?



を死ぬ気で考える。




この経験の連続がスタートアップ。



NOと言われる前は、まだ何も始まっていない。



イエスしか言わない人や客の中で成長した人はいない。



自分の周囲にイエスマンしかいない世界から足を洗うと、ヘタレな自分がなかなかどうして、カッコよく見えるのが不思議だった。


イエスマンって、困った時は助けてくれないよ。


ハッキリ言っとくけど。


山本真弓